革製品の信頼の品質

私の知り合いに革財布好きの男性がいます。その革財布好きの男性が今最も思い入れのある革工房を教えてくれました。

正統なレザークラフト製品を特注で提供している工房なんだそうで、その作り手は、材料の特徴や工具の使い方、手入れや仕上げの方法等を独自に探求し開発した知識を活かしているようです。さらに、その作り手としての長年の経験をもとに、非常に信頼出来る品質の革製品を制作することが出来ると言います。

私の知人が教えてくれたのですが、その作り手が最も得意とするのがガルーシャの加工だということです。中でもガルーシャを加工して作った薄マチタイプのダレスバッグはかなり紳士的な仕上がりだそうです。

このガルーシャという材料は、扱いのむずかしい材料のため、優れた技術がなければ精度のよい作品はつくれないと言われています。そんなむずかしい材料を使って作品を作り出した作り手は凄いと思います。 実はこの作り手は講師も努めているそうで、革教室を開いていると聞きました。この作り手の妥協しない姿勢は、これから革職人のプロを目指す人にとっても勉強になると思います。プロ顔負けの知識や技術を学びにいくのもよいかもしれません。

コメントを残す