レザークラフト業界の新風

東海地方に新しいスタイルを常に模索し、驚きや新鮮な感覚を体感できる工房があると聞いたことがあります。

その工房が作り出す新しい物は、”モノ”に限られた話ではないそうです。革財布などのレザークラフトアイテムの目新しさを追求するのはもちろんのこと、自分たちが作業をするのに必要な道具の新しい形や新しいデザインなど、常にこれからの新しい勝ちを作り出しているそうです。道具に関しては、使う人の立場に立って、デザイン性と実用性を兼ね備えたものもあるそうです。それだけでもなんだかワクワクしてきます。

その工房の店主は、レザークラフト業界を盛り上げるための活動にも力を入れていると聞きます。昔からある技術を活かしつつ、常に新時代を築いていくその姿には多くのレザークラフト好きな人達から支持をされています。

また、この作り手はレザークラフト教室も営んでいると言い、その教室は遠くの地から足を運んでくれる人もいるそうで、常に満員なのだそうです。

彼が作る作品はシンプルなデザインのものから真新しいデザインまで様々な種類があると言われていますが、そのどれもがちゃんとしたコンセプトや使う人の気持ちを考えられた、創意工夫がなされているそうです。

こうした斬新なレザークラフトの知識や作品を知りたいという方は、こうした工房がオススメです。

コメントを残す