ハンドメイド・キーホルダーと店主のメッセージ

知る人ぞ知る老舗の革鞄や革財布の名品を作り続ける、表向きは靴の修理工房は、鞄や財布の他にも、ハンドメイドのレザー製品を作る店主は、靴の修理に使用したレザーの余りを利用する事で、レザー調のフォトフレームや、カードケースなどのお洒落雑貨を遊び心で作り始めた事が、靴の修理に店を訪れる客人の間で、話題となり密やかなブームとなりつつあるようです。最近の注目レザーアイテムは、豊富なアニマルの姿を型どったキーホルダーになるそうです。店主の考えの中では、レザー製品は動物たちからの頂きものであるというメッセージをこっそり込めているのだそうです。店主がハンドメイドする動物たちは、牛、豚、ワニ、カンガルー、象、羊、山羊、バッファロー、亀、エイ、鹿、ヘビなど、レザー製品に多く使われている動物たちの姿をメインに作りはじめたところ、最近はレザー雑貨店として来店するような顧客数も増えてきたようです。何よりも、店主の心のこもったメッセージ性のあるハンドメイド仕様に、多くの人々が魅せられてもいるようです。

コメントを残す